鉄道輸送・railtransportが熱い理由  一企業の専用列車として走り続ける

いま鉄道輸送・railtransportに注目が集まっているのは、ドライバーの深刻な人材不足が原因と言われています。そして、鉄道輸送・railtransportは、トラックと比較して、環境にも優しい方法だから、多くの企業が、必然的に鉄道輸送・railtransportを選択しているのです。

しかし、鉄道輸送・railtransportは鉄道輸送・railtransportで、選ばれる鉄道輸送・railtransportに成長していかなければならないでしょう。

果たして、鉄道輸送・railtransportは、いままでどのような努力をしてきたというのでしょう。

コンテナのおすすめサイト

スーパーレールカーゴ

一企業の専用列車として走り続ける「スーパーレールカーゴ、それも、鉄道輸送・railtransportのあり方を変えた、鉄道輸送・railtransport企業の努力のひとつです。

「スーパーレールカーゴ」は、東京貨物ターミナル駅を23時14分に発車して、大阪の安治川口駅に早朝の5時26分に到着します。

スーパーレールカーゴは、2004(平成16)年から運行をスタートすることになりました。

この鉄道輸送・railtransportは、実際には、佐川急便の荷物を積んだコンテナのみを載せて走っているのです。M250系という「動力分散方式」の車両を利用し、専用のコンテナを積んで、貨物電車としてのスタイルで、現在も期待を背負って走り続けています。

福山レールエクスプレス号

また、福山レールエクスプレス号は、福山通運の専用列車、東京貨物ターミナル駅~吹田貨物ターミナル駅(大阪府)間を一回往復、鉄道輸送・railtransportの機能を支えています。

また2015年からは、更に、東京貨物ターミナル駅~東福山駅(広島県)間を、2017年からは、名古屋貨物ターミナル駅~北九州貨物ターミナル駅の運行も新しくスタートすることになりました。

このような鉄道輸送・railtransportのあり方によって、1往復するだけで、大型トラック60台分ものCO2削減をすることができるという大きな貢献力を持っています。

「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」

このような鉄道輸送・railtransportのあり方が、現在、更に拡散しはじめています。「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」も、2006年11月から運行をスタートすることになります。

「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」は、トヨタ自動車関連の部品を運んでいる専用列車です。

「トヨタ・ロングパス・エクスプレス」は、愛知県笠寺駅(名古屋臨海鉄道・名古屋南貨物駅着発)~盛岡貨物ターミナル駅を約900km・約15時間かけて走り続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です