海上輸送・SEATRANSPORTの方法

海上輸送・SEATRANSPORT は輸送のポピュラーな方法です。船での輸送には弊社は100%コンテナ船を使用します。あらゆる貨物は、コンテナという大きな箱の中に収容し運ばれることになります。

<h2>海上輸送・SEATRANSPORTとは</h2>

海上輸送・SEATRANSPORTの場合、丸々コンテナを貸し切りし、自分オンリーの輸送をしたり、コンテナを満たすことができない場合には、みなさんで、コンテナを間借りする形で、輸送します。

FCL(Full Container Load)とは、丸々コンテナ1つを借りて自分たちの貨物を運ぶ方法のことを言います。

大口貨物の場合、企業では、大口貨物の方法をとります。このとき、使用されるドライコンテナの大きさは、20ft (横 6メートル) 容積 : 33 m3
40ft (横 12メートル) 容積 : 67 m3
40ftHQ (横 12メートル+背高) 容積 : 76 m3です。

ft という単位が、日本人の方々にはちょっとわかりづらいかもしれないですよね。もともと、海上輸送・SEATRANSPORTは、欧米の文化圏ともいうことができるでしょう。これをいい機会に、ft という単位にもしっかり慣れておくといいでしょう。

また、メートルよりもCBM(キュービックメーター = 立法メートル)を基準に考える傾向もあります。 CBM(シービーエム)は容積のこと。M3 と同じ意味あいです。

寸法によって、どのコンテナを利用するか決めることになります。

また、LCL(Less than Container Load)は、
混載便と呼ばれる小口貨物の意味です。他の人たちと間借りをして、コンテナをとりあえず満杯にして輸送することになります。

<h2>LCLとFCLどちらで輸送するといい?</h2>

一般的に、LCLとFCL、小口輸送と、大口輸送という区別のつけ方をしている人たちもいます。

でも、LCLとFCLどっちにしようか迷うことはあるでしょう。

容積が中くらいで、明確でないということも実際には起きてしまうでしょう。

9CBMだったり10CBMというケースでは、小口では、ちょっと量が多すぎです。

しかし、大口貨物ではちょっと……。

いろいろみなさんも海上輸送・SEATRANSPORTに対して悩みも出てきてしまうのではないでしょうか。おおかた、そのようなケースでは、諸々の経費を安く抑える!納期を優先、海上輸送・SEATRANSPORTをできるだけ安全に……という視点で考えていきます。

経費を安くしたい……というのなら。でも、なかなかわからないという問題は出てきてしまうもの。そのようなとき大事なのは、「見積もり」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です