海上コンテナ・seacontainerの種類

海上コンテナ・seacontainerは、世界を行き来し、物流・logisticsを行う、大きな容器です。しかし、海上コンテナ・seacontainerが世界を跨ぎ活躍しなければならないからこそ、いろいろデメリットにも触れることになります。

コンテナのおすすめサイト

FCL(Full Container Load Cargo)のメリット

外国の商品を日本へ輸送するとき、海上コンテナ・seacontainerが利用されます。

航空という方法ありますが、コスト面を考えても海上コンテナ・seacontainerというケースが多いようです。

海上コンテナ・seacontainerには、「FCL」と「LCL」というカテゴリーに分類することができます。

「FCL」は、1人荷主がコンテナ・containerを独占し、輸送するシステム・方法のことを言います。

一般的には、荷主の手配で貨物をコンテナ・containerに積み込む作業をします。FCL(Full Container Load Cargo)は、コンテナ・containerを独占して利用することができるから、他の荷主のモノが干渉することはなく、貨物へのダメージは最小限に留めることができるでしょう。

実際に、海上コンテナ・seacontainerでは、貨物同士がぶつかって、モノが破損する事態も起きています。

またFCL(Full Container Load Cargo)は、荷揚げ、荷下ろしをスピーディーに行うことができます。ヤードに運び込まれて、申告もスピーディーに行うことができるから、即搬送をすることができます。

FCL(Full Container Load Cargo)の問題点

しかし、FCL(Full Container Load Cargo)に対してもデメリットを考える必要があります。コンテナ・containerに対して、少量の輸送になってしまう可能性もあり、そのような場合、なかなかリーズナブル料金でとはいかないでしょう。

結構、FCL(Full Container Load Cargo)という方法を採用しているため、コンテナ・containerの中がスカスカというケースがあります。

LCL(Less than Container Load)はどうか

そして、もう一つのジャンルとして、LCL(Less than Container Load)の存在があります。

LCL(Less than Container Load)は、複数荷主の貨物を混載させ、分け合い輸送する方法のことです。
コンテナ・containerまるまるは必要ないという人たちには、 LCL(Less than Container Load)という方法がいいでしょう。

コンテナ・container詰めは、CFS(コンテナ・フレイと・ステーション)、通関や貨物の受け渡しも、CFS(コンテナ・フレイと・ステーション)です。

しかし、LCLにもデメリットはあり、滞在タイムが相当長くなってしまうリスクもあります。
接触頻度が多く貨物がダメージを受けやすいこともデメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です