新しい鉄道輸送・railtransportのあり方

鉄道輸送・railtransport は、いまどのような問題を抱えているのでしょうか。

相模灘を眼下に望んだ東海道本線の早川駅~根府川駅間をうねるようにして貨物列車が進んで行きます。

JR貨物のEF66形式直流電気機関車が、長い貨物列車の先頭に立ち、力強く牽引する姿は、まさに男性らしい、豪快さを感じることでしょう。

現在、鉄道輸送・railtransportは非常に元気といいます。

そうはいうものの、鉄道輸送・railtransportに暗雲たれ込めていた時代もあったと言います。

コンテナのおすすめサイト

赤字体質だった会社が、6年前から黒字経営

鉄道輸送・railtransport、JR貨物は、赤字体質だった会社が、6年前から黒字経営へと転化したといいます。

果たして、鉄道輸送・railtransportの何が変わったというのでしょうか。

上昇気流になった背景

鉄道輸送・railtransportが上昇気流にのった背景には、トラック輸送から鉄道輸送や船輸送への転換というモチベーションがあります。トラック輸送から鉄道輸送や船輸送への転換は、CO2の排出を減らそうとする取り組みである「モーダルシフト」から起きています。

いむ、企業は、環境のために何が出来るのかということをしっかり考えなければならない時代であり、それをしない企業は、世界的にも相手にされないでしょう。

ですから、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトはどの企業も意識しなければならないことであり、必然的に、鉄道輸送・railtransportは上昇気流にのる運命にあったのです。

ドライバー不足

そして、トラック中距離輸送の懸念材料は、深刻なにドライバー不足の問題を抱えていることです。

ドライバーをどうしても確保することができないから、やむなく、鉄道輸送・railtransportにシフトしたという企業も多くあります。

ただし、それだけが、鉄道輸送・railtransportの上昇気流の理由ではなく、鉄道輸送・railtransportが、より効率の良い鉄道貨物輸送を目指してきた地道な努力の結果ともいうことができるでしょう。

果たして、鉄道輸送・railtransportは、どのような努力をしてきて、どのような成果が実になったというのでしょうか。

企業とのつながりを強めた「専用列車」の運行

企業とのつながりを強めた「専用列車」の運行も鉄道輸送・railtransportの成果です。古くは車扱輸送が主流でしたが、現在は、コンテナ輸送が鉄道貨物全体のだいたい70%を占めることになりました。そして、現在の鉄道輸送・railtransportのコンテナという形態を大きく変えたのは、一企業の専用列車として走り続けるスーパーレールカーゴです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です